スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十勝岳~旭岳縦走 決死の撤退。

4月26日~4月29日まで、白銀荘から入山し、十勝岳~旭岳間を縦走する予定でしたが、結果から報告すると化雲岳から天人峡へ、ギリギリの撤退をして下山しました。
1000m峰が連なるニセコ連山とは違う、力の足りない者へ容赦なく牙を剥く雄大な十勝/大雪山系に、自然の恐ろしさを知ると共に、改めて魅力を感じました。

縦走自体は失敗に終わりましたが、次回こそ必ず成功する核心を得ました。

今回の縦走は、強靭な精神力と体力の必要性を感じるとともに、リーダーの責任について考えさせられた、得る物がとても多い山行でした。

詳しい内容は、明日からの幌尻岳下山後にアップします。

長い旅でした。
拙いリーダーの私に黙って命を預けてくれた、ソーゼン君、ショーゼン君の兄弟に感謝!

さらに力を蓄えて、また挑戦しましょう!
MX1_0319.jpg


下山後知りましたが、我々が必死の撤退戦をしている時に、トムラウシ山でヘリ救助されてた人が居たようです。



その日、我々を探しにきたヘリかと思って化雲岳からヘリを見てました(^^;

あの烈風の中で一晩生き抜くとは、素晴らしい(^^)

スポンサーサイト

2014-04-19,20 ~トレーニング・ハイク

GWの縦走に向けて、トレーニングdayな土日。

土曜の白樺山は、gkmのリクエストで日帰りプチ縦走を。
出発がやや遅れましたが、無事に余裕の完走。
gkmは、スノーシューと滑走の切り替えが早くなった!w( ̄▽ ̄;)w

最後の岩内岳滑走は、過去の岩内岳滑走の最高に楽しい記録更新。
こんなに素晴らしいザラメがご近所で滑れるとは(;_;)

日曜日は、チセ~シャクナゲ~チセのトレーニングモード。
南東面の素晴らしいザラメ急斜面のロングターンを、軽量グラスファイバースキーで楽しめたのは収穫。
午前中は単独登山の青二-さんとも御一緒して、素晴らしい滑走を見れたのも大満足。

又、これだけハイクした後に、AMと変わらない滑走を、PMもトレース出来た持久力と集中力に驚き。
40才になって、山の分野に限ればまだ強くなれる。それを実感出来たのは幸せです。

さて、2日合わせて累積30km,2400mを登りました。
詳細はヤマレコに譲るとして、やる事は全てやり尽くした。
準備するべきものは全て準備した。

来週の十勝~大雪のスキー縦走、天候は晴れ予報。
立ち塞がる敵は自分の弱い精神力だけ!
無事に2泊3日で駆け抜けられるよう、頑張ります( ̄o ̄)o

2014年4月19日 白樺山~目国内岳~岩内岳

合計時間: 8時間45分
合計距離: 15.98km
最高点の標高: 1193m
最低点の標高: 193m
累積標高(上り): 1300m
累積標高(下り): 1350m



2014年4月20日 チセヌプリ~シャクナゲ岳~チセヌプリ

合計時間: 6時間0分
合計距離: 14.22km
最高点の標高: 1127m
最低点の標高: 552m
累積標高(上り): 1335m
累積標高(下り): 1337m


岩内岳スキー場~五色温泉 ニセコ縦走

ニセコで山スキーを始めた5年前から、ぼんやりと考えていた「岩内岳~五色温泉縦走」
GWに十勝方面で縦走する計画を立ち上げたのを機に、その予備山行として実施することにしました。

メンバーは、GW縦走にも参加するソーゼン君。仕事が忙しい中、有難う!

前日のうちに五色温泉へ車を回しておき、岩内の自宅で軽く一杯やってから0時就寝。
そして、3時に起床して岩内スキー場へ向けて出発です。
早朝に車を出してくれたガクマーに感謝m(_ _)m


本来は日帰り縦走なので、荷物はコンパクトでも良かったのですが、これは長時間縦走の訓練。
なので、ソーゼン君の提案で、荷物は宿泊装備を背負ってと言う事にしました。
重量は12.5kg。
しかし、これがこなせないようでは、GWの計画も体力不足で断念せざるを得ません。

緊張の中スタートしましたが、結果から言って大成功!
22kmのアップダウンを、好天に恵まれながら気持よく駆け抜ける事が出来ました。




重い荷物と、重量級FATスキーでこの距離を走破出来たことは、自信になりました。


ツアーの行程なんかの詳細はヤマレコを見てもらうとして、今回の教訓をまとめると。

・春の早朝は、斜面がアイスバーン状になっているため、スキーでの登降は慣れが必要。
 場合によっては、スキー・アイゼンも有効。

・宿泊装備を背負っての滑走は、緊張する(+_+)

・シール登降は技術。同じ種類/幅のシールでも、技術によって最大登坂斜度、疲労度などが変わる。

・ルート取りをもっと効率的にすれば、さらなる時間短縮も可能。

・縦走の終盤、ニトヌプリ山頂付近で地図の現在位置を見誤る。好天なのに、何たることorz
疲労による判断ミスには、十分注意が必要。

・春山のロング・ツアーは楽しい!

来年も誰か一緒にやりませんか?



---今回のGPSデータ---
出発時刻/高度: 04:06 / 194m
到着時刻/高度: 16:47 / 760m
合計時間: 12時間40分
合計距離: 22.02km
最高点の標高: 1192m
最低点の標高: 191m
累積標高(上り): 1994m
累積標高(下り): 1419m

岩内岳~五色温泉縦走

GWの縦走訓練の一環として、岩内スキー場から五色温泉までのワンデイ縦走を計画。
前からチャレンジして見たかったんですよね~

岩内岳から見たニセコ連山。
どの山が何と言う山かわかりますか?
分かればニセコ通。



朝4時半に岩内スキー場を出発し、五色温泉到着は16時50分。

頑張れば出来るもんだ!
今回は、ワンデイなのに宿泊装備も持っての訓練としたので、かなり疲れました。



疲れてゴールした私。
縦走に付き合ってくれたソーゼン君、ありがとよ~(^^)/~~~

詳細はまた改めて( ̄ー ̄)

昆布岳(2014-03-22)

メンバー:GKM

随分昔の夏に登ったきりの昆布岳。
昨年くらいから冬期の登頂が気になってましたが、ついに実行する事に。

アプローチは、東陵から。予定の林道終点までが岩内から思ったより遠く、9時に出発することに(^^;

片道6kmの緩い尾根を、延々と行く遙かなる昆布岳。
今回は、冬の登山靴スパンティークで、どの程度滑れるか?を確認するのも大事な目的の一つです。



昆布岳、今シーズン一番歩きました。
特に頂上直下の最後の急斜面は、かなり堅いバーンになってましたが、シールで頂上まで上る事が出来ました。
最後の頂上壁は、なんとも例えようが無いくらいカッコいい姿を見せてくれました。嬉しい!



gkmは、最後の急斜面でシールを効かす事が難しくなったので、スキーをデポしてツボ足で登ることに。ところどころ空洞があったので、なかなかシビアなツボ足登攀になりました。



苦労しましたが、頂上はやはり嬉しいものです。天候も視界良好で、ニセコから洞爺湖まで一望。
想像通り素晴らしいの一言です



帰路は、お待ちかねの登山靴スキー。
結論から言うと、本当に酷い滑り(;_;)
何度転んだ事でしょう。普段は、堅いブーツとビンディングに守られていることを、転んだ拍子のムチ打ちと引き換えに体に刻まれました。

最後の方では、何とかターンが出来るようになったものの、ちょっとでも斜度が出るともうダメ。

GWの縦走は、スパンティークとジルブレッタの組み合せでこなそうと思いましたが、途中急斜面が出てくる事も考えると、道具の面で検討が必要かもしれません。お財布と相談
実力でカバー出来ないのが、パンピー40才の証明か?

帰路、留寿都から見た昆布岳は、夕陽と嵐のコントラストで、何とも言えない幻想的な山でした。



GKMのヤマレコも見てみて下さい。
そして、読んだら拍手強制です

プロフィール

HIDE

Author:HIDE
急に山に目覚めた、岩内町在住の中年クライマー。
いい歳こいてるので、体をいたわりつつ…
夏は岩登り、冬はテレマーク!
最近は自転車始めました。

山岳会にも所属

いつの間にか、もう40才に・・・(^_^;)

山の本棚(小説/マンガ)
最新コメント
山行予定表
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
管理人
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
Twitter
フォロー宜しく!
いらっしゃいませ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。