スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリ練で漆治療

この週末は天候が悪く、遠征疲れもあったのでレストウィーク。
日曜は午前中に同僚がパノラマラインを上がると言うので、同行させてもらいました。
二週間振りのチャリ。

集合時間にクレイルさんへ行ったら、結構集まっててビックリ。
てっきり、2、3人かと思ってました。



総勢8名は居たかな?
自転車、職場で密かにブームです

途中までは走行会形式で、新見峠分岐からバトル開始!

数キロのバトルでしたが、本気の逃げで心拍数上げながら踏みまくるのは、なかなか気持ち良いものでした。
タイムも少し更新して、良い気分

帰宅してから、ガクマーと一緒にチャリでそのままセバチバナへ。
結構人が居てビックリ!
ダイゾー、なんか人気エリアになってるよ!

ところで、ひとしきりサイクリングした後、神居古潭でやられた漆かぶれが改善している事に気がつきました。
有酸素運動で血流が良くなったことで、アレルギー反応改善促進になったんでしょうか?
今までは温泉に長湯すると改善してたのですが、血行促進が鍵なのかもしれません。
また漆にやられたら検証してみることにします。

ところで、遠征中に注文の品が届いてました。


写真の他に、海外からも部品が届くので、それを待って組み付け予定。

来シーズンのヒルクライム、そしてロードレースを睨んだ、Bestセッティングへの試行錯誤の始まりです。

セッティングのゴール地点は見えてますが、自分の脚力を鍛えながら、着実に。
スポンサーサイト

花園ヒルクライム前夜

本日は花園ヒルクライムコースの試走。
コースは理解した!
最近チョイチョイあるメカトラブルが、ちっと怖いけど、走った分だけ強くなってるはず
2ヶ月半で1800km

やってる人から見れば少ないかもしれないけど、通勤だけのトレーニングにしては、思ったよりがんばった。

ラスト チャリイベント、気合い入ってます!

第1回 ニセコクラシック(70km) (2014/7/13)

ニセコでの第1回ロードレースに出場してきました!
自転車のレースはいろいろありますが、アマチュアの出場できる本格的なロードレースは、実は数少ないのです。

オープニング

赤いジャージが私。
私を誘ってくれたO氏と話しながらも、本当に完走できるのか?の不安でいっぱい。
でも、もうやるしか無い!

蘭越の直線道路

でもって、パレード走行解除の直後、いきなり先頭に離され、慌てて追いかけている写真。
集団の中でのポジションが、どれだけ重要かを開始10分で思い知らされます!Σ(゚д゚lll)

先頭集団を追いかけるために飛び出したのは6人。
途中までローテーションしながら追いかけますが、差は開く一方。
蘭越の折り返しポイントでは恐らく3分程度の差でしたが、ここで私の集団の内、4人が千切れてしまいます。
早いよ!(;_;)

折り返しからは、20代の青年と二人でローテーションすべく話を持ちかけ、共同戦線。
作戦は「タイム差を最小限に頑張ろう!」です^^

おおよそ2~3分程度でローテーションし、山岳区間の入り口では「先頭から5分差!」の掛け声を、応援しに来てくれたF氏にもらいます。
足切りは余裕で回避したものの、思ったより差が開いていました。
一緒に走ってくれた青年、有難う!

山岳区間で共同戦線を解除し、ここから40kmに渡る一人旅。
先頭集団から落ちてきた人をターゲットにしつつ、1人また1人と抜いていきます。

苦しい最初の標高差500mを抜け、全力の下り。
スピードメーターは70km/hを指し、全神経は前方の路面に集中。
すごく怖いけど、下りで足を緩めたらタイム差は開くばかりなので、全力のペダリングです。

最初の長い下りで二人抜き、その後は緩やかなアップ・ダウン。
一度試走した時は、ここで心を折られました(x_x;)

しかし、コースを知った私は一味ちがう!
ここも全力で登っていきます。とにかく、限界が来る瞬間まで踏んで踏んで踏み抜く作戦!
前方から落ちてくる人達が、私のやる気を奮い立たせます(`ヘ´)

パークゴルフ場を過ぎ、気力のペダリングでゴンドラ坂を目指して最後の頑張り。
途中、招待選手の山本幸平選手に抜かれましたが、世界に通用する美しいペダリングを直接見れて、とても幸せな気分になりました。
数分間の並走でしたが、今後の私に繋がるかも(^ー^* )

ゴンドラ坂に突入すると、前方に1名発見!
奴を抜いて、一つでも順位を上げる!のモチベーションで、ゴール手前数メートルで抜き去る事ができてフィニッシュ。

ゴール直前

最後にスプリントする足が残っていて良かった!

リザルトは、
総合
  48位/94人(リタイア9人) +19分10秒

年代別(40~54才)
  13位/25人(リタイア2人) +11分48秒

完走できるのか?と不安に思っていたスタート前でしたが、フィニッシュしてみると中盤の順位で良かったです。
特に、ロードレースを一度経験したことで、集団に残る事の大切さを、身に染みて知ることが出来ました。
次回は、もっと上位を目指せる気がします。
今回は、自分の限界に挑戦でき、ロードレースを身をもって知る事ができたのが大収穫。
そして、ローテーションしながら自転車を漕ぐのは、メチャメチャ楽しい!

来年も、必ずニセコクラシックに出場します。
スタッフの皆さん、お疲れ様でした!そして、来年も宜しくお願いします。(-m-)

無事に完走!

誘ってくれたO氏、M君、来年はさらに鍛えあげて出場しましょう!( ̄o ̄)o

第一回 十勝岳ヒルクライム

参加して来ました!
この日に備え、ささやかに練習してきた成果が問われます。
周りの人も、みんな早そう

程々に緊張しながらレースの説明を聞いてると、前方で破裂音!
どうやら、誰かのチューブが破裂したみたい。
薄いラテックスのチューブは、少しでも噛んだら自然に避けちゃうみたいです。
恐ろしい!

私は、パンク根絶を目指し、最強のタイヤとブチルの分厚いチューブで、重さ度外視で挑みます。

レースは計測開始地点から、ローリングスタートで計測。
なので、同じようなペースの人を見つけるのが難しかったりします。

後半に見つけた、同じGIANTのチャリ(向こうのがグレードが上)にシンパシーを感じ、鋼のような体の彼の後ろをマーク。

私にしては、かなりのハイペースながらも、23tで白金温泉分岐まで35分で到着!
練習より5分も早い

ラストの急傾斜に備え、26tに落とすか現状維持か、一瞬悩んだけど、26tに一段落としてラストスパート!

最大斜度に差し掛かった時、前方のGIANT乗りの鋼のお兄さんが失速!
まさか、俺も間も無く失速してしまうのか?

不安になりながらも、ペダルは緩めません。
ゴールまでラスト二つのコーナーを残し、45分経過。
これ、50分切れそうだ!

最後のコーナーからは全力で踏み倒し、無事にゴール!

タイムは、48分23秒!



総合52位/205人と、初の自転車レースとしては、満足の行く結果

しかし、年代別では、20位。
40代の部優勝者は、38分代で登ってます。凄すぎ!

いろいろ緊張したり、悩んだりしたヒルクライム。
来年も出たい!そして、今年の自分を超えたい!と、強く思いました。

写真は、40代の部の表彰。みんな精悍です^ ^

ちなみに、アフターパーティで振舞ってくれた昼飯は、全て富良野の食材。
最高に美味しかったです!


次は、ニセコ・クラシック70kmの部
こちらは完走目指して、頑張ります!



以下、来年に向けての備忘録。
・26tは軽すぎた。来年は11-25t
・チューブは、頑丈なブチルが1番。
レース中も、パンク直してる人を結構見ました。ラテックスのチューブは買わないこと!
・私のフレームの性能には充分満足。
他のフレームに浮気しないように!
・ホイールも問題なかった。この辺は趣味の世界ですね!

パノラマ・ライン 時間計測

ずっと雨降りでしたが、今日は少し雨が落ち着いたので、14年ぶり?に、パノラマ・ラインに上がって見ました。
チーズ工場、クレイルさん手前のチェーン脱着場からタイム計測開始。

最新の自転車は軽く、ホイールは軽快ですが、肝心のエンジン(私自身)は劣化著しく、神仙沼駐車場に着いたら、貧血起こすくらい消耗してました

タイムは47分52秒。



うーん、20代の私は40分切ってたから、当面のライバルは昔の私ですね



下山して、丸山を一本上がってから帰宅。
なかなか良い練習になりました。

今週もチャリ通トレーニング、雨降るな!

以下、自分メモ。

パノラマラインは、リア23tで上がれた。
丸山は、リア19t。
当面は、このギアで踏んで鍛えて行くことにしよう
プロフィール

HIDE

Author:HIDE
急に山に目覚めた、岩内町在住の中年クライマー。
いい歳こいてるので、体をいたわりつつ…
夏は岩登り、冬はテレマーク!
最近は自転車始めました。

山岳会にも所属

いつの間にか、もう40才に・・・(^_^;)

山の本棚(小説/マンガ)
最新コメント
山行予定表
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
管理人
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
Twitter
フォロー宜しく!
いらっしゃいませ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。