スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道道央地区勤労者山岳連盟第37回定期総会(2014/3/2)

3月2日、表記の総会に、所属山岳会の代表として出席してきました。
札幌は晴れ。くそぉ~(;_;)

山岳会に長い事・・・と言っても6年程度ですが、所属していて初の定期総会出席です。

事前に資料が欲しかったけど、当日渡し。
資料を読みながらの総会参加となったのが残念。



午前中は、ありがちな各部会の年度報告。資料を朗読されるのは眠かったです。

が、午後の質疑応答で俄然テンションが上がります。

前任の自然保護委員の方が、自然保護委員会の総括に強烈に噛み付いたのです!
5年に渡って制定すべく準備してきた自然保護憲章の準備を廃止し、「自然保護行動指針」なるものを制定すると言うのです。
資料に目を通すと、確かになんじゃこりゃ~な内容。

今どき、登山口の立て看板でももうちょいマシな注意書きがありそうです。(^_^;)

前任の自然保護委員は、北海道独自の自然保護憲章の必要性とその歴史的背景を熱く語り、私もそれに胸を熱くしてしまいました(;_;)

あのような熱い人の下でなら、自然保護活動も良いかもしれません。(^ー^)

全体的には出来レースの(この種の総会は必ずですが・・・)定期総会。
でも、私にはあのような立場では活動する事は出来なさそうですし、する気も今のところ無いわけで、理事として忙しくされる方々には素直に敬意を表したいと思います。

また、こういった定期総会に、20代、30代の方がほとんど居ない現状に、今の山岳会が抱える根深い問題があるような気もします。

帰りは、秀岳荘とパタゴニアに寄って物色。
あんまり商品を見ていると、物欲が溢れそうになってきますが、どれも今持ってるウェアと機能が被るので自制。
「ウェアはギアと同じ」と私自身は考えているので、いろいろと試したいと考えているのですが~。
さしあたって気になるのはM10ジャケット。高いΣ( ̄Д ̄;)

結局購入したのがこれ。



今の私には、モチベーションを上げてくれるクライミングの写真集こそが、最強のギアかもしれません(^^)v
どの写真も、渋くてカッコよすぎ。
スポンサーサイト

岩入門2012

土日共、小樽赤岩にて所属山岳会の岩入門を手伝って来ました。

土曜の朝は、倶知安方面は雨。
陰鬱な気分で出発しましたが、小樽もやはり、どんよりとしたお天気。
寒気の影響で猛烈に気温が下がり、おまけに東の小岩塔は風が当たること当たること(´;ェ;`)



雨具の下にダウンを着込みますが、全然ダメ。(*_*)
そんな厳しい寒さの中、スタッフの皆で真剣にあーだこーだとやってます。
場所は東のチムニー岩ですが、この狭い場所に20人以上が集まるとなると想像できません・・・



スタッフの事前確認終了後、夕方のBBQまでの時間が予想外に空いてしまったため、久々にスラック・ライン。
予想外に、皆楽しんでました。(*^m^*)

夜は峠でBBQ。


お初の方も多かったですが、久々に豪華焼肉(行者ニンニク入り!)をいただきましたv( ̄ー ̄)v

翌朝は、5時に起床してそそくさと東のチムニー岩へ。

そして、訓練開始でこんな感じに。



東のチムニー岩が、MAMMUTの広告みたいになってます!w( ̄Д ̄;)w
中山ハングでは、札幌登攀クラブがリーダー・レスキュー訓練を実施していて、手が空いた時はず~っと見学させてもらってました。
参考になる事が多く、勉強になりました(⌒^⌒)

さて、肝心の岩入門は入門者3人、再入門(?)者多数と言うこともあり、狭い東のチムニー岩では明らかにキャパオーバー。
新人の皆さんも、やや不完全燃焼だったのでは。

来年は、是非とも奥リスで実施したいですね~。

皆さん、お疲れ様でした。


入門終了後、タッカンのリードでピナクルへ。
久しぶりのフォローでの登攀はシーズン初めの岩登りといった感じで、まったりナイスクライミングでした^^



写真は、核心部を超えていくトモゾウさん。
今年こそ、もっとたくさん登れたらいいね^^


さて、来週からはいよいよ自分の岩登り。
まずは青巌峡へ行ってみます!頑張るぞ~( ̄0 ̄)/ オォー!!

続きを読む

層雲峡遠征費

層雲峡遠征費の備忘録

ガソリン代往復・・・ 66L / 9500円
高速代往復  ・・・ 4900円(休日割)

アイスクライミング・・・ プライスレス
  

層雲峡アイス(1月3日)

アイスクライミング2日目
今日はいきなりマルチピッチ!
アプローチすること三十分。無事に渡渉を終え、錦糸の滝を見上げると不安が一杯に。
長い!

何をやっても不慣れなので、もたもた準備してしまいます。
グローブを履いてのロープワークはなかなか大変!

最初のピッチ、ヒロシさんが力強い登りでロープを伸ばしていきます。


セカンドは私、フォローなので幾分気楽だし、昨日より寝てる氷なので登りは何とかOK。
登りながらのスクリュー回収が1番大変でした。(^_^;)

M宗さんが登ってくると、下からN道さんが猛追してきます。早い!
そして、こんなところでN道さんに会えるなんて、感動です。アイス断然楽しくなってきました。d(^_^o)

無事に三ピッチ登り終え、下降して来たら2時。
あまり迷惑をかけずに完登でき、リードしてくれたヒロシさんに感謝!
指導していただいてありがとうございました。

今シーズンは、もう何回かアイスの練習をし、この錦糸の滝をリードできるようになりたいと思います

12月18日 冬山入門(ツアー入門) 朝里岳

激パウダーのニセコを尻目に早朝に倶知安を出発し、一路札幌国際スキー場へ。
久しぶりの中山峠はやはり厳しく、途中事故で交互通行など緊張の連続でした(^-^;

今回の冬山入門は、本当の初心者は数人で、ほとんどが冬山経験者という楽チン入門。目的地は朝里岳ピストン。

私がスタッフで受け持つ新人は、一人はベテラン、一人はバックカントリー・ボーダー、もう一人は元スキーヤーという超楽チンの布陣。

入門の教程もサクサクと進め、一番の核心は60cmの積雪による、新雪のラッセルでした。
深雪のラッセルとキックターンに予想以上に苦しんでいる姿を見て、これらは難しい技術なんだと再確認。



このピットチェックの写真を一枚写したところで、ニューデジカメ「NIKON P300」のバッテリー終了。
寒いところで根性無しだぞ!(´;ω;`)

冬にP300を連れて行く時は、少し工夫が必要かも・・・

山頂を踏んだ後は、はビーコン操作の復習をしたり、ツェルトの展張を試してみたりして終了。

お帰りコースのゲレンデは激込みでした!
札幌国際、しばらくぶりですが大盛況ですね。
パッと見、7割はスノーボーダーであふれかえってました。

最後に食堂でミーティングを行い、無事に解散しました。
年に一回、あれこれと復習をする意味で入門参考は適度ですね。(*^^)v

帰りの毛無し峠は辛かったけど、有意義な週末でした^^
プロフィール

HIDE

Author:HIDE
急に山に目覚めた、岩内町在住の中年クライマー。
いい歳こいてるので、体をいたわりつつ…
夏は岩登り、冬はテレマーク!
最近は自転車始めました。

山岳会にも所属

いつの間にか、もう40才に・・・(^_^;)

山の本棚(小説/マンガ)
最新コメント
山行予定表
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
管理人
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
Twitter
フォロー宜しく!
いらっしゃいませ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。