スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濃昼の滝(2014-2-23)

会のレジェンド、ヒロシさんの呼びかけで、濃昼の滝へ。
途中札幌で乗り合わせさせてもらい、いつもより少し楽をさせてもらいました

ヒロシさんもかなり久しぶりとの事で、懸垂ポイントを少し間違えましたが、無事到着。
結氷状態は、極めて悪いとの事です



昔は、もっと右まで結氷し、下部から盛り上がるようにして氷が着いていたので、極めて初心者用だったとか。
今日はバーチカル部分が多く、氷が薄い厳しい状況

ヒロシさんのリードでトップロープを掛けてもらい、皆で一回ずつ練習し、最後は上に抜けて帰る戦法。
「帰り、リードして帰る事になるけど、誰が行く?」とヒロシさんに聞かれ、ガクマーが行くことに!
流石、今季アイス最多?回数更新中。

途中までトップロープで登り、氷の薄い上部セクションは怖いリード。
途中テイク入りましたが、素晴らしいリードでした。



ロープ一杯、50mのシングルピッチ。
お疲れ様

荷物を背負ってフォローしましたが、正に薄氷を踏むスリルを味わいました(^_^;)

この後、まさかの小トラブルがありましたが、リーダーのヒロシさんのおかげで無事に解決。

途中、雪が降ったりしましたが、概ね晴れのクライミング日和。
次の週末はもう厳しいかな?と思わせる、過ごしやすい一日でした。
リーダーのヒロシさんに感謝。



ちなみに、海岸沿いのエリアだったので、帰宅後の錆び防止のギア洗いが大変でした



スポンサーサイト

小樽赤岩~アルパイン・マルチ訓練(2013/10/5-6)

メンバー:土曜、ハルさん。日曜、ハルさん、ガクマー。

「明星山を登りたいんです!」
という、ハルさんのモチベーションを受け、土日でマルチピッチ訓練をしてきました。


~~~10月5日(土)~~~

初日は、マルチ入門という事で、懸垂下降のバックアップの取り方、ガイドモード付き
ATCを使ったフォローの引き上げ、ビレイ支点の構築、ツルベ登攀の要領・・・

マルチに必要な諸々の基礎を、一日かけて練習。

マルチ・ハルさん



マルチの経験が少ないハルさんでしたが、システムの理解が早いので、後は慣れですね。

とりあえず、グローブを履く習慣を!^^

最後は、ビレイの自己脱出訓練。
これだけでは何もなりませんが、リーダーレスキューの入り口にあたる技術なので、しっかりと復習してくださいね(`0´)ノ

夜は魚一心でワインとビールと魚の懇親会。


~~~10月6日(日)~~~

ガクマーも加わり、より本格的にアルパインっぽいマルチを体験!という事で、東大壁へ。
赤岩で一番 “本ちゃん”の雰囲気が出てるんでは無いでしょうか?

とはいえ、私も二年ぶり。取付きまで懸垂したものの、佐藤ルートはどれだ?
と、ガクマーとあぁでもないこうでもないと、しばらく悩んじゃいました。
ハルさん、すみませんでした!(x_x;)

まぁ、後から考えると本当にちゃんと佐藤ルートだっただろうかと思いつつ、
途中のピッチの終了点はあっているので結果オーライ!

久しぶりの大壁はなかなか楽しく、来年はもうちょっと大壁登ってもいいかなと思いました。(⌒^⌒)b

大壁登攀で雰囲気を掴んでもらった後は、スリングでのロープの登り返しの訓練。
これを知っているのと知らないのとでは、雲泥の差があると思います。

訓練・ハルさん

普段、バビシェの新人さんを指導する時は、スリングへの立ち込みが出来ない人が
多くて苦労するのですが、フリークライマーのハルさんはすぐにコツを掴んでくれました。

マイクロ・アッセンダーを使った登り返しもやってみて、道具の便利さを実感。

最後に、ATCガイドモード時に、テンションをリリースする方法を体験して本日の訓練はひとしきり終了。

当面、狙いは来年の明星山偵察山行。
そして、再来年の狙いルートへのアタック。

私も、以前Rock&Snowの記事に出ていた時から気になっていた山です。
着実に技術と実力を蓄えて、是非完登しましょう!(`0´)ノ オウ!

赤岩は、徐々に紅葉が進んできているようです。
小樽赤岩の景色

勇敢と無謀

週末のクライミングには行けてるけど、ここを更新する馬力が無い今日この頃。
なんだか集中も練習も出来ず、当然成果が出ないのでモチベーションの維持が厳しいっす

今朝、アウトドアショップなんかで配布してる、「山歩みち」の表紙を見たら、レオ・ホールディングさんの名前が!

約三ページの記事ですが、勇敢と無謀の境界線とは?の質問に、素晴らしい回答をしています。
なんとなく、私の中でモヤモヤしていたものが晴れた気分。
ゆるふわ登山グッズの宣伝冊子かに、素晴らしいインタビュー記事。
侮れない!
私の心の保存版にします
さて、今週末のクライミング、気合入れたいね!

初の夫婦岩クライミング

ベテラン・クライマーのヒロシさんから一通のメール。
「夫婦岩行かないか?」

山岳会に入会以来、「夫婦岩目指して頑張りなさい。」と言いながら、切望しても誰も連れて行ってくれなかった夫婦岩。

今更・・・と言う思いと、ベテランのクライマーが、私をまだアルパイン・クライマーとして見ていてくれた嬉しさが行き来しました。
最後はgkmが背中を押してくれ、夫婦岩に参加することにしました。

メンバーは、当会の若手No.1クライマーのタッカンと私とヒロシさんの3人。

クライミング・ギア+一泊装備の重さは、18kg+水2㍑+共同装備で、20kgは超えていたと思います。重い!(´;ェ;`)

およそ3時間半のアプローチを頑張れたのは、GWのエサオマン縦走があったからだと思います。苦しい思いをしたら、必ず何かに繋がってるね!

雪渓を超えたら、夫婦岩の基部が迫ってきます。迫力!(@@;)



テン場を設営し、当初の計画通り北西壁ダイレクト。



おそらく、このルートで最も見栄えのするルートです。
私は今シーズン初のアルパインと言う事もあり、やや及び腰でいると、タッカンがリードを申し出ます。
流石だね!



北西壁ダイレクト
1p(20m,5級),2p(25m,3級):タッカン

安定したリードで、核心部も難なくこなしてました。流石だね!
1p目の出だしが一番絵になりますが、核心はフェースに移った後のスラブ。

2p目も、危なげなく終了。

ここまで来て、ようやく私も緊張がほぐれて来ました。3p目が地味ながら核心ピッチと言うことで、リードさせてもらいます。有難う!

3p(40m,4級A1):ヒデ

フリーなら5.8と言うことでしたが、濡れた泥つきの凹角はグレードというより精神力でした。
一番悪い凹角抜け口にカムが極まったので、思い切ってスローパーで体を引き上げて終了。
思った以上に、リラックスした良い感触でピッチをこなせました。ε-(´・`)

4p(40m草付き):ヒデ

4級くらいの短い垂壁を上がると、すぐに草付き帯。
ガレがあったそうだけど、全て流れてしまっている。
垂壁基部右側でビレー。

5p(45m,4級+) :ヒデ

最終ピッチは、4級ながらプロテクションがほとんど取れない凹角を詰めていく。
10m近くランナウトするので、心が試される4級となりました。

潅木帯の頑丈な立ち木でビレー。

最後はロープを解き、微妙な木のぼりを交えて夫婦岩北峰山頂へ。



中央労山を経験していない、プロパーのバビシェ会員のみで完登できた事に、意味があると思います。
こっそりここを読んでいるベテラン会員の方、たまには批判じゃなく、素直に賞賛してもいいですよ(^^)v

夜は、男三人でクライミング談議で盛り上がり、23時半に就寝。


翌朝も好天。
昨夜のうちに話しあって決めた、洞穴スラブへ。

今日は、前半は私がリードさせてもらいます。


洞穴スラブ(3P)
1p目(20m,4級):ヒデ

洞穴直下のフェースを登っていく。
ランニングは充分な残置があり、特に問題はありませんでした。
洞穴に上がるとことが、草付きでやや微妙かも。

2p目(15m,5級):ヒデ

洞穴内のビレー点より、左へトラバースして凹角を上がる。
思ったよりかぶっているので注意が必要。
要所でカムがバッチリ効いたので、不安無くフレーク上のビレイ点へ。確かに5級のルートでした。
夫婦岩の5級を充分余裕をもって登り切ることができ、少し自信が付きました。

3p目(35m,4級A1):タッカン


目の前の小ハング2つを超えるのが核心。
タッカンは苦労しながらもフリーで抜ける。流石だね!
5.9のグレードが与えられている。

「山谷」には潅木でビレーとあるが、比較的新しいRCCを含めたリングボルトでビレイ点が構築されていました。

50mダブル・ロープなら、一回で取付きまで懸垂可能。

テントを撤収し、予定通り12時半には下山開始です。

今回、北海道内では恐らく唯一「本チャン」と呼ばれるアルパイン・クラシック・ルートを登ったことによって、得られた物は大きかったと思います。
何より、今まで積み上げてきたクライミングの技術、力の方向性は、間違っていないと確信できました。

自分の所属する会からは「フリー・クライマー」と思われているみたいですが、揺らぐ事無く、「クライマー」としての研鑽を今後も積んでいきたいと、心から思いました。

このような機会を与えてくれたヒロシさん、一緒にロープを組んでくれたタッカン、二人とも有難う!

ルベルソ4登場



ロストアローのカタログと、ROCK&SNOW最新号。
ニセコもピタリと雪が止み、春へ移行しつつある中、岩の情報が気になる季節に。

BDは、全体的にさらなる価格下落で、嬉しい限り。
四年も使用してきたPASも、細く軽く強くなったので、買い替え検討中

ロクスノの広告には、こんな新製品が。


これは気になる!
重さもさらに軽量化されて、59g!
私のATCガイドは100gだから、約40g軽くなります。

使い勝手も、ルベルソの方がいいんだよなぁ~
五月の連休まで、しばらくあれこれ情報を集めることになりそうです。(>_<)
プロフィール

HIDE

Author:HIDE
急に山に目覚めた、岩内町在住の中年クライマー。
いい歳こいてるので、体をいたわりつつ…
夏は岩登り、冬はテレマーク!
最近は自転車始めました。

山岳会にも所属

いつの間にか、もう40才に・・・(^_^;)

山の本棚(小説/マンガ)
最新コメント
山行予定表
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
管理人
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
Twitter
フォロー宜しく!
いらっしゃいませ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。