スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷電アイス(2ルンゼ)(2014-03-01)

メンバー:所属山岳会総勢8名。

大所帯での、雷電アイスクライミング。
山岳会入会時に1度来たっきりになっており、6年近くの期間を置いて2度目の訪問。

8名での雷電アイス、どういうオーダーで登攀になるのかと思ったら、4人毎の2パーティに分けて皆で2ルンゼ(゜o゜;
あまり会の登攀的な山行には参加してませんでしたが、どうやら普通の事のようです。

私自身はアイス5回目と、まだまだ初心者の域を出ないので、パーティ割と行動は流れに任せます。



今年の2ルンゼは、1ピッチ目右側に氷が付いていないとの事。見た目も悪そうで、(-ω-;)ウーンな感じです。

ここはマイケルさんリード。


セカンドはガクマー。


そして、4人登るの待ってたら日が暮れそうなので、私とオノッチで同時登攀。

写真はビレイ点へ這いずり上がる私。
DSCN2364-001.jpg

かなり長くて、しかも見た目より悪いピッチでした。45m。
立木でビレイ。


2ピッチ目はガクマーのリード。30m



出だしのトラバースがちょっと怖いけど、すぐに傾斜が緩くなり、全般的にはどうやら快適登攀だったようです。
随分とランナウトして登って行くな~と思ってたら、青二-にNACで教わったことを思い出しながら夢中で登っていたとか。
役立ってよかったね!

セカンドで私とマイケルさんの同時登攀。
サードでオノッチ。

サードのオノッチを待ってる間に、3、4m程度のチビ滝を超えてルンゼを詰めるべく、マイケルさんと準備を。
小さいからと侮ってリードしたら、薄氷の下を水が流れていてビビってしまう。
恐る恐るチビ滝を超えると、すぐに中程度のナイスな氷。
部分的にバーチカルもある、素敵な氷柱。



昼飯を食べてのんびり休憩してから、最終ピッチを私がリードさせてもらいます(^^)v
一番カッコいい部分から取り付きますが、バーチカル怖い!疲れる!スクリューでパンプする!の三重苦。。。(;_;)

が、しかし。テンションかけたい気持ちを落ち着かせながら、ジリジリと登り、トップアウト!
振り返れば、日本海を見下ろす素晴らしい景色!やった-!と嬉しい雄叫び。
アイスのオンサイト、超楽しいかも!

DSCN2374.jpg


写真で見ると、バーチカル部分などほんの5m程度なんですがね・・・
しかも、こりゃパンプするわ~の、スクリューベタ打ち(^_^;)

兎にも角にも、人生3度目のアイス・リードは、ようやくちゃんと登った!感があり、来シーズンから自主山行を組める自信が少しはついたのでした。

今シーズンはこれでアイス修行は終わり。来シーズンに向けて、足りないものは補い、備えるべきは備えたいと思います。
解決しなかればならない、アイスクライミングの課題もいくつか思うところもありますが、来シーズンは自分が主体となって少しずつステップ・アップしていきたいと思いました。


アイスクライミングを指導してくれた皆さん、来シーズンもよろしくです!( ̄ー ̄)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

HIDE

Author:HIDE
急に山に目覚めた、岩内町在住の中年クライマー。
いい歳こいてるので、体をいたわりつつ…
夏は岩登り、冬はテレマーク!
最近は自転車始めました。

山岳会にも所属

いつの間にか、もう40才に・・・(^_^;)

山の本棚(小説/マンガ)
最新コメント
山行予定表
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
管理人
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
Twitter
フォロー宜しく!
いらっしゃいませ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。