スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昆布岳(2014-03-22)

メンバー:GKM

随分昔の夏に登ったきりの昆布岳。
昨年くらいから冬期の登頂が気になってましたが、ついに実行する事に。

アプローチは、東陵から。予定の林道終点までが岩内から思ったより遠く、9時に出発することに(^^;

片道6kmの緩い尾根を、延々と行く遙かなる昆布岳。
今回は、冬の登山靴スパンティークで、どの程度滑れるか?を確認するのも大事な目的の一つです。



昆布岳、今シーズン一番歩きました。
特に頂上直下の最後の急斜面は、かなり堅いバーンになってましたが、シールで頂上まで上る事が出来ました。
最後の頂上壁は、なんとも例えようが無いくらいカッコいい姿を見せてくれました。嬉しい!



gkmは、最後の急斜面でシールを効かす事が難しくなったので、スキーをデポしてツボ足で登ることに。ところどころ空洞があったので、なかなかシビアなツボ足登攀になりました。



苦労しましたが、頂上はやはり嬉しいものです。天候も視界良好で、ニセコから洞爺湖まで一望。
想像通り素晴らしいの一言です



帰路は、お待ちかねの登山靴スキー。
結論から言うと、本当に酷い滑り(;_;)
何度転んだ事でしょう。普段は、堅いブーツとビンディングに守られていることを、転んだ拍子のムチ打ちと引き換えに体に刻まれました。

最後の方では、何とかターンが出来るようになったものの、ちょっとでも斜度が出るともうダメ。

GWの縦走は、スパンティークとジルブレッタの組み合せでこなそうと思いましたが、途中急斜面が出てくる事も考えると、道具の面で検討が必要かもしれません。お財布と相談
実力でカバー出来ないのが、パンピー40才の証明か?

帰路、留寿都から見た昆布岳は、夕陽と嵐のコントラストで、何とも言えない幻想的な山でした。



GKMのヤマレコも見てみて下さい。
そして、読んだら拍手強制です

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

北壁基部からの急斜面も最高ですよ!
http://daizou.blog88.fc2.com/blog-entry-343.html#more

北壁クライミングの帰りに滑ってみました。
プロフィール

HIDE

Author:HIDE
急に山に目覚めた、岩内町在住の中年クライマー。
いい歳こいてるので、体をいたわりつつ…
夏は岩登り、冬はテレマーク!
最近は自転車始めました。

山岳会にも所属

いつの間にか、もう40才に・・・(^_^;)

山の本棚(小説/マンガ)
最新コメント
山行予定表
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
管理人
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
Twitter
フォロー宜しく!
いらっしゃいませ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。